ベビーシッター認定試験を受けるには

subpage1

最近はベビーシッターの仕事もずいぶん様変わりしてきています。



その最たるものが、インターネットを利用した派遣型のシッターです。


これは依頼から報酬の支払いまですべてインターネットのサイトを利用しておこなうため、これまで以上に信頼性が問われるようになっています。この信頼性はただ面会しただけではチェックしようがありませんから、利用する保護者の多くは資格や学歴のほか、経験の有無でそれを見極めます。
そんな事情から、ベビーシッターとしてやっていくには今や資格や実務経験なしでは難しい状況といえるでしょう。


とはいうものの学歴や実務経験については、思いついたからといってすぐにカバーするわけにはいきません。ただし資格については、勉強次第ですぐにでも取得が可能です。


公益社団法人全国保育サービス協会が実施している認定ベビーシッターの資格は、同協会が主催した養成研修または新任研修を受講し修了していることがまず必要です。

エキサイトニュースの価値ある情報を探してみてください。

それに加えて研修?もしくは現任研修または現任?研修、それに居宅訪問型保育基礎研修を同じく受講し終了していなくてはいけません。この条件をクリアした上で、さらにベビーシッターの実務経験がある高校生を除いた18歳以上の人間に受験資格が与えられることになります。
これだけの条件をパスしたうえで取得できる資格なので、顧客から信頼性はかなり高いはずです。受験の機会は年一回ですが、受験資格を満たせる方はぜひ取得していくべきでしょう。