ベビーシッターは資格がある方が有利

subpage1

ベビーシッターになるには、特に必要とされる資格はありません。無資格でもすぐに始められるので、子供好きな方は一度やってみるのもいいでしょう。


ただし有利な条件で仕事をしようと考えているなら、やはり資格や保育施設での勤務経験がある方がベストです。これがあるかどうかで顧客からの信頼度も違いますから、本格的にこの仕事をはじめようというのなら資格くらいはとっておきましょう。

あなたに合った条件のエキサイトニュースの情報が必要な方必見です。

ベビーシッターをする際にもっとも有利な資格は、看護師や保健師それに保育士です。

ベビーシッターを探す時に、これらの資格を所持しているかどうかを選定の基準にしている保護者も多くなっています。
またそれ以外にも、同じ教育関連の資格である小学校や幼稚園教諭の資格所持者も重宝されます。
さらに認定ベビーシッターや英国チャイルドマインダーの資格も、持っておいた方が仕事がしやすいはずです。



資格には国家資格から民間の資格があり、国家資格ほど取得のための条件が厳しくなっています。


そのため最短で資格取得を目指すなら、まず民間の資格から手を付けるべきでしょう。

また義務教育を修了した者なら5年、高等学校卒業なら2年程度児童福祉施設で実務に従事した経験があれば、たとえ養成所を卒業していなくても保育士試験の受験資格が得られます。

もし心当たりがある場合は、当時の勤務日数をまず確認してみましょう。

やはり大切な児童を預かる以上、信頼や保育の経験があるかどうかが選ぶ際の判断材料になります。



保育関連の資格は、有利な条件で仕事をするためのツールとして一つは保持しておくべきでしょう。